真間地域の歴史と文化のため、真間山下の「つぎ橋」の改修に力を注いで参りました。

「真間の継橋」
真間の續橋真間山弘法寺仁王門前の石段の下、JR市川駅から真間山に通じる大門通り、真間川と石段の間に赤い欄干の「真間の継橋」があります。橋と気づかずに通り過ぎる程の小さな橋です。元々は両岸から板を延ばし中央の梁で繋いだのでツギハシと呼んだそうです。江戸時代には真間山参道の並木道のなかの板橋だったそうです。万葉集をはじめ勅撰集など昔から多くの歌人に歌われた「真間の継橋」。

議会だより
いちかわ市議会だより平成30年11月10日号

dav