市川駅北側の国道14号交差点

  •  東京方面への右折で渋滞発生 改善を
  •  県の国道拡幅に合わせて調整したい

 京成本線踏切から市川駅北側に向かう市川手児奈通りと国道14号の交差点では、14号の東京方面へ右折する車が進行しにくく渋滞が発生している。車道を9メートルに拡幅し右折専用の矢印式信号機を設置する等の改善を図れば、渋滞が緩和されると考える。市の見解を問う。

 本交差点は車道幅員が狭く、区画線のない矢印のみの路面標示がされた「みなし右折レーン」となっている。歩道側にあと50センチメートル車道を拡幅すれば右折専用信号機が設置可能となる。今後、県が外環道路の供用に伴い実施する国道14号市川拡幅事業に合わせ関係機関と調整を図っていきたい。