いちかわ市議会だより平成24年11月10日号

一般質問(防犯・防災)

 

災害対応用の備蓄

  • 問 災害対応職員用の備蓄はあるか
  • 答 適正量を備蓄していく

 

かいづ勉議員(自由民主党)

  •   合同防災訓練が本市で実施された。過去最大級の犠牲者、約10万5千人が出た関東大震災では火災による被害が大きく、本市の震災対策でも火災の対応が重要と考える。火災時に救助に当たる消防職員や消防団員用の非常食として水、食料品は備蓄されているのか。
  •   消防職員は各自食料を保管するよう心がけており、消防団員にも食糧や水を常時確保しておくように協力を依頼している。消防局としての備蓄は現在していない。市職員の食料や水を確保する必要性は認識しており、今後、迅速・的確な災害応急対策のため、適正量の備蓄を行っていく。